Iwaki ロコモココンテスト

いわき地域の恵み安全対策協議会主催、カジキグルメ実行委員会共催によるIwakiロコモコ
コンテストが6月23日(火)午前10時からいわき市中央卸売市場中央棟2F研修室にて開催され
ました。

いわき産コシヒカリ「Iwaki Laiki」、いわきブランド「カジキ」、そして、いわき産の
野菜をコラボさせたロコモコ料理を提案し応募された書類審査の中から、高校生からプロまで
の8組がニ次審査に進み、本会でグランプリを決定します。



当日の二次審査は、応募者が実際にお米、カジキ、野菜を食材に調理し、10名の審査員が
その完成した料理を食べて審査します。

調理の際には、高校生は母校を代表して、プロの方はお店を代表して真剣に取り組み、
それぞれの思いがこもったロコモコ料理が完成しました。

参加者の作品は、次のとおりです。

エントリー1番 いわき海星高校の『ロコモコ in いわき』


エントリー2番 湯本高校の『Lokomoko カジキ娘(湯高)Style』


エントリー3番 磐城農業高校の『Wカジモコバーガー』


エントリー4番 福島屋食堂の『カジキの彩りロコモコ丼』


エントリー5番 寿司れすとらん 小太郎の『寿司屋のたまごがないよ!?ロコモコ丼』


エントリー6番 楽彩味処 源太の『カジキハンバーグロコモコ』


エントリー7番 源洋丸 内郷綴町店の『お寿司屋さんのロコモコ丼』


エントリー8番 ペール・ノエルの『ロコモコスィーツ』


さて、グランプリの発表です。

グランプリは、湯本高校の『Lokomoko カジキ娘(湯高)Style』です。


準グランプリは、甲乙付けがたいということで、他7組が受賞されました。

我がいわき魚類からは、参加者への参加賞として、干物セットを提供しました。

いわきの新ブランド米「Iwaki Laiki」が好評となって、カジキグルメとのコラボが実現し、
いわきづくしの料理として新たな発見と期待が、これからの”いわき”を元気づけてくれると
信じて、無事閉会することができました。