第五回親子料理教室


(株)マルト主催、味の素(株)、いわき魚類(株)共催による
第五回親子で体験お魚料理教室が2月20日(土)午前10時から
いわき市中央卸売市場中央棟2F研修室にて開催されました。

抽選で12組24名の親子が参加し、お魚「サバ」を使った料理を主題として、「鯖の玉ねぎ煮」
「サーモンと鯛の手綱寿司」「吸い物鯛のくず叩き」「紅茶とみかんのゼリー」を作りました。

生徒さんたちは、調理で使用する「サバ」などのお魚がセリ売りされる市場の様子を
ビデオで鑑賞し、また”お魚マイスター”の「サバ」に関するお話を聞き入ってました。

※お魚マイスターとは、旬のお魚を把握し、お魚の目利きができるお魚の専門家のことです。


そして、マルトのバイヤーさんから、サーモンとタイの切り方とサバを輪切りで調理できる解体方法、
特別講師「横須賀真奈美」先生から料理のお手本を指導していただきました。

子供たちは、お父さんやお母さんと一緒にタイやサーモンの切り身を作ったり、
包丁を持ってサバを輪切りにしたり、とても楽しそうに調理していました。
親子やスタッフで「サーモンと鯛の手綱寿司」を調理する際は巻きすやラップを上手に使い、
「鯖の玉ねぎ煮」を調理の際には初めて魚をさばき、内臓の処理をする体験に驚きながらも真剣に取り組む様子が印象的でした。


今日の料理
・鯖の玉ねぎ煮
・サーモンと鯛の手綱寿司
・吸い物鯛のくず叩き
・紅茶とみかんのゼリー

出来上がった料理を、スタッフを交えながら食事して
子供たちは自分たちがさばいたサバをおいしそうに笑顔でほおばる姿がとても印象的でした。
タイとサーモンの手綱寿司の結構なボリュームに、子供たちはお腹いっぱいになっていました。
参加された皆様の手際もよくスムーズに進行し、食事の後はみんなで食器洗いをしました。
帰りにお土産が配布されて、皆さん笑顔でとても満足した様子でした。