トップページ > 旬のお魚紹介 > ヤリイカ

ヤリイカ

ヒレが大きく、鋭く尖って、槍をイメージさせるイカです。

沿岸域が漁場となるため、氷蔵あるいは生きたまま水揚げされ、おもに刺身など
生鮮食用として消費されています。

身はやや薄いが、独特の甘みがあっておいしいです。
産卵期は4~6月頃、岩礁の藻の多いところで卵を産みます。
卵を持った小型のヤリイカは最高の美味です。

透明感が残っていて、足に触ると吸いつくようなものが新鮮で、目が黒々しているのも
鮮度のよい証拠です。

ヤリイカに含まれるタウリンは、血中コレステロールを下げる働きがあるとされ、
肝臓機能を向上させると言われています。

旬を迎えたメスには、卵がありこれを煮付けにすると大変美味です。

するめにも加工され、刺身やすし種としても、大変人気の高いものです。