トップページ > 簡単レシピ > 【は】行のお魚 > ボタンエビ

ボタンエビ

 北海道南部から土佐湾にかけて、本州の太平洋岸に沿って分布する。
日本固有種で、水深300から500mに生息する。
北海道各地でボタンエビとよぶのは、多くはトヤマエビのことである。体長は20cmを超える。

額角は頭胸甲長の1.5倍で、上縁に17から20本の可動棘、下縁に10から11本の不動棘がある。
産卵期は2から5月で、卵数は720から1140粒。

ほかのタラバエビ類と同様、まず雄として成熟し、後に雌となる雄性先熟の性転換をするため、大形個体は雌である。

肉は甘味があっておいしいです。

近海で水揚げされた鮮度の良いボタンエビが入荷しています。

ボタンエビは、刺身で食べるのが甘味があり大変美味しいです。

たんぱく質カルシウムが多く含まれているので、動脈硬化高血圧予防に効果的です。