トップページ > 簡単レシピ > 【さ】行のお魚 > スズキ

スズキ

6月から8月上旬が旬です。

特に7月下旬から8月上旬の「スズキ」は脂がのっており「一番美味しいスズキ」を食べることができ、刺身で食すれば「舌づつみ」間違いありません。

ブリと並ぶ出世魚で、成長するにしたがってコッパ、セイゴ、フッコ、スズキと呼ばれます。

イサキ、キスなどを含むスズキ亜目900種の代表です。

体は左右に扁平な側扁形で銀白色をしており、背ビレや腹ビレの膜状部分を支える棘条が発達しています。
腹ビレが胸ビレの真下近くにあるのが特徴です。歯は細かく、両顎に幅広く帯状にはえています。

稚魚はコッパ、1年魚のセイゴは25cm、2、3年魚のフッコは50cm、成魚のスズキは60cmくらいに成育します。
それ以上に1mくらいに成長するものもあります。

冬、湾内で産卵し、稚魚は湾内の藻場にいます。夏には汽水域に移動し、秋から冬にかけて深い海に戻るという回遊魚で、成育とともに回遊の規模を大きくしていきます。成長の一時期に淡水域に入るものもあります。