トップページ > 簡単レシピ > 【か】行のお魚 > 上りガツオ

上りガツオ


上りガツオとは、春、黒潮に沿って日本の太平洋岸を北上するカツオ。初鰹。

世界中の温帯から熱帯海域に分布します。日本近海でもふつうに見られますが、日本海ではまれです。表層を大群で回遊する高度回遊性魚類です。

体は典型的な紡錘形(ほうすいけい)で、太く、眼後部、胸付近、側線部(前部のみ)を除くとうろこはありません。体の背方は暗青色、腹方は銀白色で、体側下部に7~8本の暗褐色の縦帯が走ります。しかし、これらの縦縞は生きているときは不明瞭で、死んだあとにはっきりと現れます。

分布の縁辺域にあたる日本近海へ北上してくるのは、主に尾叉長(びさちょう)(体の前端から尾びれの切れ込みまでの長さ)30cm台後半の1歳弱のカツオです。黒潮沿い、紀南、伊豆諸島沿い、伊豆諸島東岸ルートが主な北上ルートです。

旬:春(上りガツオ:北上群)と秋(下りガツオまたは戻りガツオ:南下群)

初夏の初ガツオは関東では刺身、高知などでは「たたき」。一般に「たたき」は焼いたあと、氷水に漬けますが、高知では氷水に漬けません。いずれにしてもカツオの鮮度のよいことが条件であることは言うまでもありません。照り焼きや煮物などにもします。
加工品としては、かつお節、なまり節、缶詰、つくだ煮、ふりかけ、調味料の原料などがあります。胃や腸などの内臓で作る塩辛である酒盗(しゅとう)は珍味として有名です。