トップページ > 簡単レシピ > 【あ】行のお魚 > アンコウ

アンコウ

「あんこう」の仲間(アンコウ科魚類)の特徴の一つは、大きくて
縦扁(じゅうへん)(背腹の方向に押しつぶされたような形)した頭と、
その前縁にある大きな口です。もちろん、頭の上には、先端に
擬餌状体(餌のように思わせるもの)をもつ誘引突起(釣糸にあたるもの)
があります。これは背びれの第1番目の刺条が変形したものです。

砂泥底にやや潜り、ルアーのように擬餌状体を動かしながら、大きな
口の近くまで餌生物をおびき寄せ、丸のみします。深海にすむ
チョウチンアンコウは、この擬餌状体を発光させています。

キアンコウ:
「あんこう」と呼ばれて、寒い季節を中心に鍋物で賞味されるものには
キアンコウとアンコウがあります。市場では区別することなく
流通しています。築地市場でふつうに見かけるのはキアンコウです。
キアンコウは北日本に多く、アンコウは南日本に多いようです。

キアンコウは北海道以南、黄海から東シナ海北部に分布しています。
水深25~560mの砂泥底に生息しています。全長1.5mにもなります。
魚類やイカ・タコ類が主な餌ですが、ヒトデ類、ウニ類なども
食べます。
北海道では、需要が多くなる晩秋から冬には主にあんこう刺網で
漁獲されます。各地で底引き網や刺網などにより漁獲されます。

旬:冬
身は淡泊。鍋物(あんこう鍋)が代表的な料理で、ちり鍋(ふぐちり
のように)にもします。肝臓は鮟肝(あんきも)と呼ばれ、珍重されます。
蒸してポン酢などで食べるほか、様々に料理します。

「あんこう」の吊るし切り
「あんこう」のさばき方の一つ。「あんこう」は大きいうえに
体がぶよぶよしているので、まな板の上ではさばくのがむずかしい
ため、口にかぎをつけて吊るし、胃に水を入れて、皮を剥いだり、
体の部分を切り取ったりする方法です。