トップページ > 簡単レシピ > 【は】行のお魚 > ブリ

ブリ

北海道南部から九州、東シナ海、朝鮮半島東岸、沿海州南部に分布します。
沿岸性の回遊魚で、やや沖合の中・低層に生息しています。全長は
1.2m、体重17kgぐらいになります。

ブリやヒラマサ、カンパチはアジ科の魚ですが、マアジのような稜鱗(りょうりん)
(「ぜんご」あるいは「ぜいご」)はありません。
ブリの外見はヒラマサに大変よく似ています。しかし、ブリは上顎の上後角が
角張る(ヒラマサでは丸い)ことや、胸びれと腹びれの長さがほぼ等しい
(ヒラマサでは胸びれは腹びれより短い)ことで見分けることができます。

産卵は、太平洋岸では房総半島、日本海側では能登半島以南で、東シナ海が
主な産卵場と考えられています。産卵期は2~7月で、南方ほど早くなります。
ふ化した仔魚(しぎょ)は表層で生活します。稚魚になると、沿岸から
流れ出した流れ藻について黒潮や対馬暖流に乗って北上します。この時期の
ものは「もじゃこ」と呼ばれ、養殖用の種苗として大量に漁獲されます。
夏に流れ藻から離れた若魚は内湾や内海で成長し、秋になると外海に出て
回遊生活に入ります。一般に、春から夏には餌を求めて北上し、秋から冬に
かけては越冬や産卵のために南下します。

まき網、定置網、ひき縄などによって漁獲されます。主産地は島根県、
長崎県、石川県、千葉県、京都府、山口県、高知県などです。
養殖も盛んで、愛媛県、鹿児島県、大分県、長崎県、宮崎県、香川県、
高知県、熊本県、徳島県、三重県が主産地です。

ブリ養殖は1928年に香川県で築堤式養殖により始められました。
1950年代から、現在の主要な養殖方式である小割式養殖が始まりました。
生産量は1960年代から増大しました。養殖用の種苗はすべて天然の
「もじゃこ」です。養殖ブリの身質の特徴の一つは、年間を通して
天然ブリより脂肪の量が多いことです。

旬:冬
高級魚で、脂肪が多くなる厳寒のものは「寒ブリ」と呼ばれます。
ふつう刺身、焼き物(照り焼き、塩焼き)で賞味します。あら炊き、
ぶり大根も美味。みそ漬け、かぶらずし、「塩ぶり」などに加工します。
「塩ぶり」はブリを塩漬けにして乾燥させたものです。「飛騨ぶり」は
富山湾から飛騨高山を経て信州に運ばれた「塩ぶり」のことで、正月料理に
使われました。近畿、中国、九州地方でも雑煮に欠かせません。