トップページ > 簡単レシピ > 【た】行のお魚 > タラ

タラ

マダラ:
朝鮮半島周辺から北アメリカのカリフォルニアまでの
大陸棚やそれに続く斜面域に広く分布しています。
日本では北海道周辺に多く、日本海側では島根県、
太平洋側では茨城県まで生息しています。

沿岸から水深500mぐらいまでの海底近くを泳いでいます。
頭は大きく、下顎の先端には1本のひげがあります。
背びれは3つ、臀(しり)びれは2つあります。

日本周辺での産卵期は12月から翌年の3月まで。産卵場は
沿岸で、雌は200万~500万粒の卵を1回に産みます。
1年で体長10~20cm、2年で約30cm、5年で約60cmになります。
寿命は12年以上といわれて、体長1m、体重20kgを超えるものも
います。

幼魚は動物プランクトンを食べていますが、成長につれて
魚類、甲殻類、イカ類などの大型動物を大量に食べるように
なります。

主に底びき網でとりますが、刺網やはえ縄でも漁獲されます。
主産地は北海道、宮城県、岩手県、青森県、福島県です。

旬:冬
白身で淡泊なため、様々な料理に向きます。「たらちり」など
の鍋物が一般的ですが、昆布じめ、煮つけ、フライなどにもします。

一般に「たらこ」と呼ばれているのは、スケトウダラの卵巣です。
「真子(まこ)」と呼ばれるマダラの卵巣は、外観が少し黒いためか、
「たらこ」ほど評価は高くありません。煮物や鍋料理の具などにします。
一方、白子(しらこ)、タチ、キクなどと呼ばれる精巣は珍重されます。
吸い物や酢の物、鍋料理の具などにします。このため、産卵前の
マダラは雌より雄が高値になります。しかし、体色や体形などの
外見で雌雄を見分けることはできません。

加工品では昔から「干(ひ)だら」(マダラの干物)が有名です。
東北地方では正月料理に欠かせません。京都の郷土料理「芋棒(いもぼう)」
は、「干だら」の一種の「棒だら」(素干し品)と京都特産の海老芋の
炊き合わせです。このほか、かす漬けやみそ漬け、「塩(蔵)たら」
(宮城県では「ぶあたら」といいます)、でんぶなどにも加工します。