トップページ > お魚マイスター講座 > 第18回 お魚マイスター講座

第18回 お魚マイスター講座




高級魚の位置づけとなったキンキ(キチジ)、これから冬場に向けて脂がのり旬をむかえます。
そのまっ赤な色から海の宝石と言われています。

年々水揚げが減少しており、大きいサイズのものは高値で取り引きをされています。
1960年代頃までは水揚げも少なくなく、蒲鉾の材料にされていました。
底曳船により小さい魚体も根こそぎ水揚げをされていた事も水揚げが減少している
要因の一つでもあります。

 今年、サンマも例年の1/2の水揚げとここ最近ない不漁の年となっています。
資源保護ではないけれど、今考える時がきているのではないでしょうか。



【いわき魚類株式会社 山野邊 竜介】