トップページ > 旬のお魚紹介 > 白魚

白魚

体は半透明で細長く側扁して、頭は著しく縦扁している。

白魚(しらうお)は一年魚で体長は5から6cmぐらいの大きさで背ビレと尻ビレの中間に脂ビレがあるのが特徴です。

透き通った美しい姿の白魚ですが、稚魚期の姿を残したまま成魚となる性質をもっていて、「幼形成熟」といいます。

漁獲場所は、北は北海道から南は九州沿岸まで内湾や湖に生息しています。

味は淡白で甘みがあり、新鮮なものは生のまま酢醤油で食べるのが美味しいです。

上品な味を生かすには、吸いものの椀種にしたり、酢のものなどもいいです。

天ぷら、フライなどにも向いています。特に卵との相性がよく、うすめの味つけにして、卵とじや、かき玉汁などにするとおいしくいただけます。

淡い味わいが、いかにも早春にふさわしい。

新鮮な白魚は一度食べたら忘れられないほど美味しいです。