トップページ > お魚マイスター講座 > 第30回 お魚マイスター講座

第30回 お魚マイスター講座

food_nabe
冬になり、鍋が恋しい季節となりました。
いわきの鍋といえば、やっぱり、アンコウ鍋でしょうか。
「どぶ汁」としても親しまれています。いわきの郷土料理です。
非常においしい料理ですが、名前は、かなりのインパクトがありますね。
そこで今回は、名前にインパクトのある郷土料理を集めてみました。

○けの汁   ・・・野菜、山菜、豆腐などとみそやしょうゆで味つけした汁。
○ひっつみ  ・・・小麦粉のすいとん状のものをいれた汁物。
○どんがら汁 ・・・寒タラのあら汁。
○もってのほか・・・食用菊。
○すっぽこ汁 ・・・野菜、油あげ、こんにゃくに麺を入れ、とろみをつけた汁。
○ゆうれい寿司・・・シャリで具が見えないことから。
○まんばのけんちゃん・・・油で炒めたタカナの一種をくずした豆腐と煮たもの。
○あぶってかも・・・スズメダイを干して、真っ黒になるまでウロコごと焼く。
 
などなど、まだまだたくさんの料理があります。
名前を聞いただけでは、まったく想像がつきませんね。
個人的には、まんばのけんちゃんが私自身は競馬をやりませんが、
「万馬のけんちゃん」みたいで、なんか好きですね。(笑)

【いわき魚類株式会社 鈴木健寿】