トップページ > 旬のお魚紹介 > 戻りカツオ

戻りカツオ

9月上旬 分類 サバ科

■特徴
日本で漁獲されるカツオは、フィリピン近海から黒潮にのり、四国紀州沖を北上する黒潮系と、ミクロネシアより小笠原、伊豆七島を通り、日本近海を北上する小笠原系に別れています。

いわきの各漁港では、黒潮にのって三陸沖まで北上したときと同じルートで、8月下旬~9月下旬頃まで南下する脂が最高にのった「戻りカツオ」の水揚げが盛んです。

いわきには、七つの漁港があり「いわき七浜」とも呼ばれています。この大小の漁港から1~3人乗りの小船で、毎日日帰りの漁をしています。ヒイラ、イナダ、メジ、サバ、カツオ等が釣れます。その日帰りのカツオを「デンドウガツオ」と地方名で呼んでいます。

いわき魚類の近海課には各漁港から、日戻りで鮮度が良く、脂の乗った「デンドカツオ」が毎日数多く入荷しています。